ハワイと戦争

みなさま、こんにちは。

アスファルトの路面に立つだけで、ジリジリとした太陽の強さを肌に感じる今日この頃、いかがお過ごしですか。

押し寄せる暑さのイキオイに勝るとも劣らぬ押しの強さで、先日、日米安保改正法案が可決しましたね。

政治と宗教の話は不用意にしないほうがいい、という亡きおばあちゃんの遺言に従いまして

ここではその賛否を論じるつもりはありません。

ただ、思い出されるのは、ハワイに行くたび訪れるオアフのパールハーバー。

今は美しく開けるあの海を観光客としての立場で眺めつつ、古に思いを馳せるにつけ

日本人とハワイ、アメリカが行った過去の辛すぎる過ちを悲しい思いで反芻せざるを得ません。

そして、そんな辛く悲惨な歴史を共有しながらも、今現在では、ハワイと日本はとても友好な

世界の中での親友のような関係を築けていること、そのこと自体にとても大きな意味と感謝、さらには誇りすらも感じるのです。

74年という歳月がそうさせてくれたのか、それともハワイと日本の太古からの共通点やDNAがそうさせてくれたのか。

とにもかくにも、ALOHAな気持ちで共に踊っているとき、なんとも言葉では言い尽くせない

相互理解や安心感を感じるのは、ワタクシだけではない筈です。

どうかこれからもずーっと、子供たち孫たちの代になってもずーっと、

そんなハワイと日本の心あたたかな交流や、つらい過去を共有し乗り越えた友情が長く長く続きますように。

MAHALO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です