知ってるとちょっと自慢できるフラの話 – レイの種類編

皆さん、レイを身につけたことはおありですか?

フラガールならホイケの衣装としてお馴染みですし、ハワイに行った事がある方は、ホテルに到着するとウェルカムの意味を込めて、レイをかけてもらったりしたことがおありかと思います。

あれ、単にカワイイから♪ 衣装に似合うから♪ という理由で身につけるんではないんですね。

実は、レイには3種類あるんです。

・レイ・ポオ : 頭につけます

・レイ・クウペエ:手首や足首につけます

・レイ・アイ : 首につけます

それぞれ実はきちんと意味があって、身につける順番も決まってるんですって!

順番は
足→手→首→頭 の順番。そう、下から順に上へと装着していくんですね。これは、大地のマナ(気)が足先から体に入ってくると考えられているためなんだそうです。

そしてそれぞれの意味ですが、頭につけるレイは「覚えたフラを忘れないように」、手首足首につけるレイは「振りを忘れないように」、首につけるレイは身体に悪い気が入ってこないように。

いやー勉強になりますよね~。
( 。_ 。)φメモメモ

しかも!

身につける時は決して人前で行ってはいけなくて、レイを身につけるためのチャントを唱えながらつける(しかも各部所によってチャントが違うんだそうですっ(@@;))のが正しい作法なんだそうです。

私なんかいつもみんなの前で恥ずかしげもなく、鼻唄交じりで着脱してました。
オハズカシイっ
(/▽\) いやん

MAHALO! ヽ(^-^))((^-^)ノ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です