ハワイと熱中症

猛暑真っただ中の今日この頃。

冒頭にも書いたとおり、熱中症には気をつけたいですよね。

そこで当然のように頭によぎるのが、年中暑いハワイに住む人たちは
熱中症にならないの!?というギモン。

考えてみたら、

「今年のハワイ、暑すぎて熱中症多発」

なんてニュース、聞きませんよね。

コレ、調べてみたところ、なかなか含蓄のある理由がありそうなんです。

まずは、「暑さの質」。

カラッとした暑さや、海からの貿易風が心地よく吹いている、など
温度計の数値が同じだとしても、日本のソレとはだいぶ質が違うようです。

そして、「習慣の違い」。

ハワイの方々は比較的おっとりマイペース。見方によっては怠け者に見えてしまうこともあります(個人的見解です笑)。

これは恐らく先祖から文化的に敬称された習慣で、歩くときは無意識に
ゆっくりと日陰を選んで歩いたり、せかせか長距離を歩かずにのんびりと
バスを待ったり、ムダに体力を消耗しない対策が身についていると思われます。

さらに、「体質の違い」。

これは汗腺の数のこと。暑い国の人は寒い国の人より汗腺数が多いんです。
大量に汗をだして体温調節をする必要があるんですね。

最後が、「食べ物」。

南国のフルーツや植物は食べると体温を下げてくれるものがほとんど。
そういえばハワイの人って大量にフルーツを食べますよね。
これも先人の知恵と自然から受けた恩恵なんですね。

と、いうことで、四季があり、1年を通して寒暖の差のある日本では
熱中症は必然的に起こりやすいんです。

ちなみに、女性より脂肪の少ない男性の方が、体温変化が早いので
熱中症になりやすいそうですよ。

水分、塩分、日傘に帽子。

みんなで熱中症にならずに快適な残暑を過ごしましょう~♪

MAHALO! ヽ(^-^))((^-^)ノ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です