ハワイ強行1泊3日vol.2

先週お伝えした「ハワイ強行1泊3日」の旅。

親友のハワイ挙式に突如参列することとなり、お金も時間もないワタクシは

とにかく安く早く行く方法を探しまくり、4万円くらいで宿代込み、という

「1泊温泉旅行かっ!」とツッコミたくなる奇跡のプランを強行したのでした。

笑えるのが、「荷物」。

ワタクシ、Mサイズのトート1個で行きましたよ、ハイ。(笑)
スーツはクリーニング上がりのまま手持ちで。。

トートの中身はというと、下着1回分、洗面具、Tシャツ2枚にジーンズ1本、ビーチサンダル。以上!

(;^□^)あはは…

もちろんエコノミークラスの行きの便では預けることもなく手荷物扱いでした。

この行程を実現するため前日深夜まで仕事をし、ロクに寝ていなかったワタクシは飛行機に乗るなりもちろん爆睡。
帰りの便も爆睡したので空からの景色は結局一望もしませんでした。(汗)

ホノルル空港に到着すると、まずホテルのお迎えを探しますよね。

ワタクシのイメージでは、ハワイの正装アロハシャツとレイを身につけて
ワタクシの名前のプラカードを持って待っているサモアの紳士。

しかし、、、ハイ。もちろんオチがあります。

短パン、Tシャツ、ビーチサンダル姿の長髪のおっさん(笑)が、FAX用紙みたいな紙に
手書きでワタクシの名前を書いて待っていたのでした。
それはもう、まるでアヤしいものの売人が客を探しているような雰囲気で。(泣)

w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

高級ホテルの送迎バスとはあきらかに違う雰囲気のフツーの自家用車に
乗せられて着いたのは、これまた聞いたこともないようなビジネスホテルのような宿。

フロント(といってもウチのキッチンカウンターと変わらない大きさ。笑。)で
ベルを鳴らすも何の反応もなし。。

(; ̄Д ̄)オーイ!

「こっちは急いでるんだーっ!」ってなイキオイで強く3度鳴らすと、
奥でテレビを見ていたおばちゃんが出てきて気だるそうにチェックイン手続きをしてくれました。

ところが、チェックインの時間まで1時間あったため、未だ部屋は清掃中とのこと。

時計を見ると挙式の時間が迫っています。

仕方がない。どこか着替えられる場所はないかと拙い英語でおばちゃんに聞くと、予想外の笑顔でとなりのドアを指さしてくれたではありませんかっ!

ああ、誤解してごめんなさい、おばちゃんはやっぱりホテルマンのサービス精神を十分に持っていたのね、、と考えつつドアを開けると。

「おーい!従業員用トイレやんけっ!!」

[ *゚Д゚] おトイレかいっ!!

しかしもう背に腹は代えられません。

心の中で、この屈辱感と、ありえない価格の旅費だったこととを相殺し、
足早にスーツに着替えたのでした。

さて、この珍道中の続きはまた。どうぞお楽しみに♪

MAHALO! ヽ(^-^))((^-^)ノ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です