ご存知!? パウスカートの秘密 続編

フラには欠かせないパウ。

皆さん、きちんと「足からはかずに頭からはいていらっしゃいますか!?」

これは比較的有名な決まりなので、守られている方も多いと思いますが、
フラに対する敬意を払う意味をこめて、頭からはくのが正しい流儀なんですね。

「パウ」は女性のフラ衣装の代表格。男性フラはシャツとパンツに
ティーリーフ、と言ったあたりが定番ですよね。

ところが、古来のフラでは、男女ともパウで踊るのが通例だったんです。

パウと言っても今のようなカラフルでおしゃれなものではなく、
木の皮で作った布から出来ていて、無地か植物でわずかに染めた程度のものでした。

そして何よりビックリなのが、男女ともにパウの他に身につけるもの
と言えば、頭と足にレイを付けるだけ。

つまり……

女性も男性も、上半身はハダカだったんです!

ワオ!Σ(゚Д゚|||)

この風習が、現代にまで続いていなくて本当によかった~
と胸をなで下ろすアラフォースタッフ(ノ^▽^)ノなのでした。。

そんな風習も、後にイギリスやアメリカの文化の影響を多大に受けて、
女性は上半身にブラウスやムームーを身につける
今のスタイルに変化していったそうです。

—-

数回にわたってお届けしたパウについての裏話でしたが、

「初めて知りました♪」 「明日、生徒さんに教えまーす!」

といった嬉しいお声が、弊店のツイッター( @LalaHula )
http://twitter.com/LalaHula/
に多数寄せられました♪
—-

ということで、次回も調子にのって、

「知って得する、フラ衣装の歴史」についてお届けしますね♪

(*^▽^*)o MAHALO!

ご存知!? パウスカートの秘密

フラには欠かせない「パウスカート」。

よく「パウ」と言いますが、本来の発音は「パーウー」で、「パウ(pau)」だと別の単語で「終わる」っていう意味なんです。

「パーウー」はハワイ語で「スカート」の意味。
だから日本の俗称「パウスカート」だと「スカートスカート」みたいになっちゃうんですね。正確には。

まあ、言葉は時代や国によってどんどん進化していくものだから、日本では「パウスカート」で全っ然問題ないと思うんですけどね♪

さて、このパウ。ウエストのゴムに、3本ゴムと4本ゴムがありますよね。
この違いって何なんでしょう!?

実は職人が疲れて面倒くさくなるとゴムを3本に省略して…

って、オイ!(ノ^▽^)ノ

もちろん冗談です。

実は。ゴムの本数はパウの「生地の揺れ方」によって本数に違いを持たせるんです♪

アウアナの中でもゆったりした動きの踊りには3本ゴムが理想。生地がゆったりと大きく美しく揺れます。時には1本ゴムを使うこともあるんですよ。

一方、動きの激しい踊りの場合は、4本ゴムが最適。
骨盤の位置ではいても4本ゴムなら、相当激しい動きでもずれにくいんですね。

もちろん、クムによってはゴムの本数に指定があったり、丈の長さが決まっていたりすることもありますので、そのあたりは臨機応変にいきましょう。

次回はパウの秘密、第2弾をお届けしますね♪

(*^▽^*)o MAHALO!

秋とハワイと Do the HULA!

今回は… 「秋とハワイと Do the HULA!」

って「部屋とワイシャツと私」的なタイトルですが、いたってマジメです。笑。

まだ数える程しかハワイに行ったことのない私ですが、ハワイは一年中「夏!」なんだと昨日まで思っていました。

しかし! ハワイ人の友人曰く。

「ハワイに四季は無いと思われがちだけど、ハワイで暮らしていると確かに四季は存在するんだ。

もちろん日本のように明確ではないけれど、広がる空の見え方や、肌を射す太陽の光、風の中に、現地住人は微妙な変化を感じとっているんだよ。

僕は、大きく広がる青空がちょっと白っぽくなってくると、毎年、秋の訪れを感じ取るんだ。」

…ワオ!! ハワイアンなお仕事に従事していながらお恥ずかしい限り。36歳にして初めて知ったワタクシでした。。

そんな現地では10月~11月の秋シーズンは、ホイケ(発表会)やコンペティション、フラショーが各地で目白押しの「フラの季節」なんだそう。

確かに秋は踊るには心地よい最高の条件が整ってますよね。

日本も負けてられません。

みんなで Do the HULA ! この秋はいい汗かいて楽しく踊りましょー!(*^▽^*)o

MAHALO!