ホイケ(発表会)にまつわるフラ用語

ここのところ、いいお天気が続いて気持ちいいですね♪

夏を感じはじめると、そろそろホイケやイベントの準備が気になりだしますよね。

今回は、前回に続いて好評をいただきましたので、ハワイ語の中でも

フラ、特にホイケ(発表会)にまつわる用語をすこしご紹介させていただきます♪では早速。

「ae(アエ)」 はい。返事の基本ですね。よく使われるのではないでしょうか。

「a ole(アオレ)」 いいえ。こちらも基本ですが使う機会は少なめですね。

「e hoomakaukau(エ ホオマーカウカウ)」 準備して。これもよく聞くフレーズですよね。

「e komo mai(エコモマイ)」 ようこそ。あいさつで使われますね。

「kahea(カヘア)」 フラを踊るときの最初の呼びかけ、かけ声。

「mahalo nui(マハロヌイ)」 とってもありがとう。マハロの丁寧な言い方。

「maikai(マイカイ)」 いいよ。いいね。英語でいうところのGOOD。

「kaona(カオナ)」 (歌や詩にある)隠された意味。ほとんどの歌にはこれがあります。

「ikaika(イケイケ)」 力いっぱい。このまま日本語として通じそうですよね(笑)

以上、ハワイの言葉は1つの単語で多くの意味をもっているので、使いやすい反面、

どの場面でどの言葉を使うべきかも迷っちゃいますよね。

ここではいっしょに表記する発音記号ははぶいていますが、

かなり大雑把に言ってしまえば、ほぼローマ字読みでOK。

フランス語やドイツ語と違って読み方から発音が想像しにくい言語に

比べると、日本人にはなじみやすいんです。

ぜひ、引き続きゆるーりと一緒にハワイ語を勉強して、ホイケをむかえましょうね♪

MAHALO! (⌒∇⌒)ノ””

知っておきたいフラ用語 Vol.2

今日は初夏を存分にかんじる、いいお天気ですね♪

5月は心身ともに崩しやすい月ですので、こんな日は陽射しをたくさん浴びてリフレッシュなさってくださいね!

さて、前回のコラム、「知っておきたいフラ用語」が

予想外にご好評をいただきましたので、調子にのって第2弾をお届けしたいと思います(笑)

今回はフラの曲や神話によく出てくる、代表的なハワイ語の単語編!

せっかく踊るのだから、少しでも歌詞の意味を感じながら踊りたいですものね♪では早速参りましょう!

「la(ラー)」 太陽。英語の「L」の発音ですね。

「mahina(マヒナ)」 月。マヒナスターズってありましたよね。あ、歳がバレる(汗)

「pua(プア)」 花。こういう自然物の単語はほんとによくでてきますよね。

「wai(ワイ、ヴァイ)」 水。2通りの発音、どちらもOKです。

「ua(ウア)」 雨。ハワイの風物詩でもあります。

「makani(マカニ)」 風。これもよくでてきますよね。

「anuenue(アーヌエヌエ)」 虹。ハワイの象徴ですね。

「moana(モアナ)」 海。ワタクシはアラモアナばかり連想しちゃいます(笑)

「lani(ラニ)」 天。モアナラニ(海の天使)は日本でもよく聞く言葉ですね。

以上、今回は自然に基づく単語を中心に少しご紹介させていただきました♪

これらはハワイの地名や道路、公園、ホテルなどの名称にもよく用いられているので

フラをなさらない方も知っておいてソンはございませんよ。

ぜひご一緒に、ゆるりとハワイ語のお勉強をご一緒しましょうね♪

MAHALO! (⌒∇⌒)ノ””マタライシュウー!!