メリモ。そう、それはメリーモナーク。

メリモ。そう、フラを習っている方やご興味のある方なら、

恐らく誰もがご存知であろう、フラの最高峰と呼ばれる大会。

来週にはDVDの流通も始まるようですし、最近はユーチューブやストリーミングなどもあるので

既に何らかの動画を見られた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、今回は皆さんご存知のメリモの全貌をご紹介させて頂きたいと思います♪

メリーモナークフェスティバルは、毎年、3月下旬~4月上旬にかけて

ハワイ島ヒロ市で開催され、フラコンペティションだけでなく、コンサートやパレード、

各種フェアなど町総出で前夜祭を含めて4日間行われます。

ソロで踊る「ミスアロハフラ」、グループの古典フラ「カヒコ」、現代フラ「アウアナ」を

会場となるエディス・カナカオレ・スタジオで競いあいます。

1963年から始まって今年で50回目を迎えるメリモは、英語で書くと

Merrie Monarch。日本語で「陽気な王様」という意味。

フラをはじめとするハワイの文化を喚起させた王様、デビッド・カラーカウアの性格を拝して

「メリー・モナーク」と呼んでいたため、このニックネームがフェスティバル名となったのです。

カラーカウア王は当時西欧に迫害されていたハワイの伝統フラを復活させ、

新たに西洋音楽をとりいれた新しいフラの流れを作り出し、フラを消滅の危機から救ったと言われています。

そもそも、なぜメリモが毎年ヒロで行われるか、と言いますと

1960年5月23日、南米大地震に起因した大きな津波がヒロを遅い、

町は壊滅状態になったのです。

その後数年かけて復活に試みたものの経済的にはなかなか復興

できませんでした。そこで、ヒロにハワイ全土から人を集めようと企画されたのが第1回メリー・モナーク・フェスティバルだったのです。

だから、毎年ヒロで開催しなければならない宿命があるんですね。

津波の甚大な被害をこうむった日本としては、どういう形であれ何らかの協力をしていきたいものですね。

最後に、ちょっとだけ自慢させていただくと(汗)、ワタクシ、このメリモのソロ優勝者

ミスアロハフラの有名な方を自宅にご招待したことがあるんです。エッヘン。

友人のハワイアンシンガーの親友で、一緒に日本に仕事をかねて遊びに来ていた時に

その2人を呼んでホームパーティーをしたんです。

美しくて気配りができるのにとっても気さくで、ウチのムスメにフラを教えてくれたりもして。

今ではその方は日本ではとてもとても有名になってしまい、なかなかお会いできないのがザンネンなのですが。。

今年も夏休みにホームパーティーを企画して果敢に誘ってみようと思ってマス!来れるといいな~

MAHALO! (⌒∇⌒)ノ””

禁じられたハワイの島

メリーモナーク、終わりましたね~。

お読みいただいてる方の中には観に行かれたウラヤマシイ方もいらっしゃるのでしょうね。

今年も行けなかったワタクシは、悔しさのあまり、ハワイの地図をネットでながめておりました(笑)

そこで、ちょっとした発見があったんです。

ハワイには8つの島があることはご存じのことと思います。そしてそれぞれに別名もついてます。

オアフ島は別名ギャザリングアイランド(集まる島)。その名の通り、内外問わず人が集まるハワイの首都ですよね。

ハワイ島はビッグアイランド(大きな島)。面積も最大なのですが、自然のスケールも圧倒的ですよね。

マウイ島はヴァレーアイランド(谷の島)。2つの島がハレアカラ火山からの溶岩でつながった島です。

モロカイ島はフレンドリーアイランド(親しみのある島)。火山島でてつかずの自然がたくさん残っています。

、、と順番に眺めていくと、1つだけ変わった別名をもつ島が!

それは、、   ニイハウ島。

別名、フォービドゥンアイランド。禁じられた島、とか、忘れられた島、とか訳されます。

?? なんでしょう禁じられた島って!?

( ̄ロ ̄|||)キンジラレタ!?

なんと、この島は個人所有の島なんです。いわゆる、プライベートアイランド。

(・0・。) オオーッ!

なんでも19世紀にスコットランド人のエリザベス・シンクレアという夫人がカメハメハ5世から買い取ったんだとか。

そのお値段、ピアノ1台と&10,000 ドル!

高いのか安いのか想像もつきませんね(汗)

ヾ(≧□≦*)ノナンエンデスカ!?

現在は末裔であるロビンソン一家が所有していて、住人はなんと250人。

一般人の出入りは禁止されていて、原則的に、島に出入り出来るのはロビンソン一家とカウアイ郡の関係者だけなんだそう。

なんだか神秘的ですよねーー!

とはいえ、現在では一部を散策できる観光ツアーなんかもあるそうです。しかし、島民への接触は禁じられているんだとか。

なんとも謎めいた神秘に包まれた島、ニイハウ島。

ワタクシ、長年ハワイに関する仕事をしているのに、まさかこんな禁じられた島がハワイにあるなんて知りませんでした。

ヾ(≧□≦*)ノオハズカシイ

いつか必ず、そのニイハウ島散策ツアーに参加してやる!と胸に誓った、日本で過ごすメリモの日だったのでした。

MAHALO!  (⌒∇⌒)ノ””

有名フラダンサーの不思議な体験

今日は、私の親友のハワイアンシンガーから昔聞いた不思議なお話をしますね♪

~(^^~) (~^^)~

それは彼の友人の有名なフラダンサーに起きた不思議な体験。

彼女は、今ではフラ雑誌で見かけないことはないほど有名になられた方で

その美貌と、メリーモナークでの数々の実績は、日本のフラダンサーたちで知らない方はいないと思います。

とある年のメリーモナーク本番の朝、前日まで健康そのものだった彼女は、

急に原因不明の激しい嘔吐とめまいに見舞われ、救急病院に搬送されることに。

ところが、ちょうどキラウエア火山が噴火したタイミングで病院はいっぱい。

本番が迫っていたため、順番を待つ時間も無く、やむなく治療を受けずに病院を出ざるをえませんでした。

しかし会場に着いたものの、立っているのもやっとの状態でとても踊れる状態ではありません。

ε=(´。`) ドウシヨウ・・

そこで、ある方に相談したところ。。

「それは火の女神ペレの怒りよ。あなたに嫉妬しているのよ。」と(驚!)

確かに、メリーモナークの行われるヒロはキラウエア火山のお膝元。

驚いたことに、その日のメリーモナークで、彼女は火の神ペレの恋にまつわるチャントを踊る予定だったんです!

そう。

ペレは嫉妬深さで有名な女神。誰もが認める美女である彼女に嫉妬しているんだと。

そして、その怒りでキラウエア火山も噴火したのだ、というのです!

Σ(゜Δ゜*) エエッ!!

それを聞いた彼女は、すぐに近くの海に入って、神に祈りをささげ、

お祓いをしてもらったんだそうです。ハワイでは、海には霊的な除霊力がある、とされているんですね。

その結果、状態が回復し、ステージで踊ることができたんだとか。

驚くことに、ステージが終わると、まるで何ごともなかったかのようにケロリと元気になった、というからビックリですよね。

なんとも不思議な、ハワイの神とフラダンサーのお話。私たちも気をつけないといけませんね。。

エッ? ワタクシにはペレも嫉妬しないですって・・!?

ハイ、失礼いたしました~(笑)

MAHALO!  (⌒∇⌒)ノ””