3ヶ月の休み?

みなさま、こんにちは♪
東京は最高気温32度の夏日。調べたら本日は沖縄県の最高気温も32度!

沖縄とおんなじ暑さだなんて。。どうりで暑さがカラダにコタエルわけです(笑)

(ヾ; ̄▽ ̄)ヾヒョエー

さて、今週末の連休から、夏休みに突入する小中学校が多いことと存じます。

親にとってはお休みどころか食事に洗濯に育児に、ハードなシーズンが到来ですね。

当時は毎年あたりまえのように思っていた1ヶ月半にわたる夏休み。

今になってみると、ほんとに貴重な時間でしたよね~。

今もう一度いただけるものなら、1日もムダにせず遊び倒す自信がありますよ、ワタクシは、はい。

\x{fffd}\x{fffd}(;´▽`ノ)ノアソブンカイッ!

1ヶ月半と聞いただけで、そんな長ーい休み、いいなあ!って思いますよね。

ところが。ハワイでは、なんと夏休みは約3ヶ月!!

(((p(>o<)q)))サンカゲツーッ

私立公立でバラつきがありますが、おおよそ6月初旬~8月終わり頃まで!

そして驚くことなかれ。あの頃最大の恐怖だった宿題は、ナシ!

(あ、恐怖だったのはワタクシだけ、、?(>▽<;; )

なんというパラダイスなのでしょう。

3ヶ月って、季節1つ分ですよね?学生ですよね?勉強だいじょうぶなんですかねえ?

( ̄ー ̄?)ベンキョウダイジョブ?

なーんて、ウラヤマシさのあまり恨み言をいってしまいましたが、ご安心あれ。

この期間は、もちろん単なる休みではなく、現地の学生にとってはとーっても意味深い期間になっているんです。

何が意味深いか、というと、そう、「サマースクール」なんですね。

アメリカ本土も同様ですが、約1ヶ月にもわたるサマースクールに行くのが現地の慣わし。

このサマースクール、日ごろ学校でするような座学よりも、体験学習を重視したプログラムになっています。

その内容も多種多様。キャンプ、スポーツ、音楽、図工、ダンスから自然とたわむれるアクティビティーなど

自分の希望で選択できるものも多数あって、学生の自主性と趣向に沿った内容になっているんです。

全員に均一な知識を覚えこませるのではなく、本人が興味のあること、身につけたいことを選択して

自らの意思で学べるようになっているんですね。ステキですよね~。

((*´∇`人´∇`*))) ステキー♪

数学がニガテな子供だって語学には興味があったり

歴史に興味がなくてもモノ作りの才能は一級品だったり

人間の才能なんてバラバラですものねー。

こういうプログラムを社会に出るまで毎年経験するんだから、そりゃあ多様性のある人が多いわけですね。

うーん、ウラヤマシイ。。

(人´v`)(´v`人)ウラヤマシー

日本にもこのサマースクール制度、導入されませんかねえ。

導入されたら、またキャピキャピの高校生からやりなおすんですが、、。

(・c_,・`ノ)ノナンデヤネンッ!

MAHALO! (⌒∇⌒)ノ””

夏休みとハワイ

皆さま、暑い毎日いかがお過ごしですか?

気づけば、あっという間にもう夏休みシーズンですよねー。

うちのムスメたちもめでたく夏休みに突入。ドタバタ劇を繰り返しております(笑)

学生の頃はあたりまえのように毎年やってきてくれた夏休みという名のバカンス。

今考えるとホントにウラヤマシイですよねー。1ヶ月半もの間毎日が日曜日だなんて。

反面、お子さんがいらっしゃる方々にとっては、夏休みは戦場さながらの光景だったりしますよね(汗)

毎日3食作って、洗濯物もたくさん。遊びに付きあったり、どこかに連れてったり、、

自分の時間がまったく無くなっちゃうんですよねー。

保育園や学校に行ってくれていた日々がどれだけ貴重だったか!って毎年思い知ります(^^;)

さてさて、我らが愛するハワイでは夏休みはどんな感じなのでしょうか!?

聞いてびっくり!ハワイでは大体6月初旬~8月終わりまでが夏休み。

ってことは、、つまり、、、約3ヶ月間!

そんなに長い間休ませてお勉強だいじょうぶなの!?なんて思っちゃいますが

そこはアロハな考え方。机では学べないことを学ぶのが夏休み、という考え方なんだそうです。

だから、夏休みの宿題もナシ!!

そのかわり、この期間にはアメリカの定番、「サマースクール」があるんです!

学校の施設やコミュニティーを利用して、午前中はみんなで勉強、午後はさまざまなアクティビティーに勤しみます。

音楽、図工、スポーツ、ダンス、キャンプに自然とたわむれるアクティビティーなどなど、

自分の興味があるものを自由に選択して体験学習ができるんです。

そういわれてみると、現地の友人はみんな、フラはもちろんウクレレも普通にひけたり

自国の文化や歴史に詳しかったり、自然に対する知識と尊敬の念が深かったり、

「お勉強」ではなくて、幅の広い教養が豊かだったなあ、と感じます。

これもきっと毎年サマースクールに通った賜物なんでしょうね。

受験や塾もいいけれど、日本ももっと遊びの中に学びを見出す、みたいな

子供たちが楽しみながら自分の興味を深められる体制にしてほしいな、なんて

選挙会場で投票用紙に記入しながら思った先日の週末だったのでした。

MAHALO! (⌒∇⌒)ノ””

夏休み

いよいよですね、夏休み♪

と言っても休みなのはお子様たち、、(涙)。
学校は今週いっぱいで終業、というところが多いのではないでしょうか?

夏休みは子供たちとゆっくり過ごすことができる反面、学校に行ってくれるほうが
自分の時間ができて嬉しい(汗)なんて方も多いはず。

(=◇=;) ギクッ

最近はひと昔前と違って、労働基準局がうるさくなった影響か
長期休暇や有休をしっかりたっぷりとらせてくれる会社も多いようなので
ダンナにコドモに世話を焼く手間が一挙に増えて、休みが始まるや否や

「早く夏休み終わってくれ~!」

(((p(>o<)q)))

なんて悲鳴が聞こえてくるのも、そう遠くはないかもしれませんねー。

さてさて、ハワイの学校にも、もちろん夏休みはあります。

というか、あり過ぎます(笑)

バラつきはありますが、大体6月初旬~8月終わり頃まで約3ヶ月間も!

そして、なんと宿題ナシ!

(・0・。) ほほーっ

コレ、たまりませんよね。さらにスゴイことにこの他にも秋休み、冬休み、春休みがあるので

年間何日お休みがあるのーっ!?ていうくらい。

もっとも近年では、休みが多すぎて学業に影響がでる、という意見も多く
「イヤー・ラウンド・システム」という新しいスケジュr-ルを導入する学校も
増えてきているらしいのですが。

でも、日本の夏休みと決定的に違う点が、「サマースクール」があるところ。

ハワイではだいたい6月中旬から約1ヶ月間のものが多く、勉強はもちろん
音楽、図工、スポーツ、ダンス、野外アクティビティーなどなど選択制の楽しい内容が盛りだくさん。

ここでの1ヶ月間は、友達作りやコミュニケーションを学んだり、自分の意見
をもって発言、選択ができるようになったり、自然とめいっぱいたわむれたりと、
ある意味で学校の授業よりも学びや収穫が多いんだそうですよ。

主催もいろいろあって、公立学校が主催するもの(無料!)、教会主催のもの、
市の運営によるもの(Summer Fun)、私立学校のもの、YMCAのもの、
などなど、実にいろいろなものから費用と趣向にあわせて選ぶことができます。

φ( ̄ー ̄ )メモメモ

こういったサマースクールが約1ヶ月~1ヶ月半あるので、夏休みが長いと
言っても、実質的に家にいる日数は日本とそんなに変わらないのかもしれませんね。

日本も、やれ「ゆとり」だの、「お受験」だの言ってないで
もっとこういう生きていくうえで力になるサマースクールのようなものを
国が中心になってもっと積極的にやってくれないでしょうかねえ。。

あ、決して、子供に1ヶ月留守にして欲しいからではないですよ。決して。。

Σ(^∇^;)

MAHALO! ヽ(^-^))((^-^)ノ