タヒチアンダンスって

早いもので8月も残すところあと4日。まだまだ残暑もきびしいですね。

気象庁の発表によれば今年の9月は例年以上に暑い1ヶ月になるとのこと。

9月はタヒチアン系を中心にまだまだたくさんイベントも予定されているので

私たちにとって暑さが長引くのはちょっと嬉しいニュースだったりもしますよね♪

さてさて、9月は待ちに待ったタヒチヘイヴァが盛大に催されます。

全国各地でもヘイヴァに準じたイベントが数多く予定されているようで今から興奮しちゃいますよね(笑)

そこで、ご存じの諸先輩がたが多いとは思いますが、タヒチアンダンスについてちょっと基礎知識をおさらいいたしましょう♪

まず、タヒチアンダンスはポリネシア諸島に伝わる踊りで、フラの原型とも言われています。
豊穣を祈るため、また戦いの前に神にささげるために踊る伝統儀式のような形で日々の暮らしに根付いたものでした。

フラにもカヒコとアウアナがあるように、タヒチアンにも種類があって、有名なのは「オテア」と「アパリマ」の2つ。

「オテア」はトエレという打楽器のリズムにあわせて踊るハードで情熱的な踊り。かなりの運動量です。

「アパリマ」はウクレレなどの楽曲にあわせて手の動きで物語を表現する、比較的ゆったりとした踊り。
(アパは表現、リマは手という意味で、まさしく手話のような意味合いがあります)

そう、フラのカヒコとアウアナのように、2つは全く違うスタイルの踊りなんですね。

そのほかにも、「アフロア」という、ゆったりした歌のある曲にハンドモーションを使って踊る
フラによく似た踊りや、「オリタヒチ」というドラムのリズムにあわせてフリースタイルで踊るソロダンスもあります。

実は、タヒチアンダンスもフラと同様、その露出や卑猥さ(^^;)を理由に宣教師に禁止されてきた歴史があるんです。

なんと、実に60年ものあいだ法律で禁止され、禁忌とされたタヒチアンダンスですが

1950年代に、モウアという女性がヘイヴァというタヒチアンダンスグループを結成し、
そこから現代にいたるまで脈々とタヒチアンダンスの伝統が継承されてきました。

そして今ではお祭りや行事、日々の暮らしには欠かせないものとしてタヒチアンダンスはしっかりと進化発展し

日本をはじめとした世界へと発信伝播され続けているんです♪

いやー、音楽もそうですが、ダンスも長い歴史の中でたくさんの抑圧や迫害をうけてきていて

それでも尚、ダンスを愛する人々によって、守り、受け継ぎ、進化して、現代に至るんですね。
そんな先達たちの思いや歴史をしっかりと思いながら、日々のレッスンに精進したいな、と改めて思い知ったワタクシなのでした。

MAHALO! (⌒∇⌒)ノ””

勤労感謝の日と米国の感謝祭

祝日って一年間にたくさんあるけれど、ぜんぶ言えますか?

「(°へ°) エットォ…

ワタクシに至ってはほとんど言えない痴呆気味な今日この頃で
ございます(笑)

(ヘ;_ _)ヘ ガクッ

しかし、今日、11月23日の勤労感謝の日だけは、不思議と覚えてます♪

なぜだろうと思っていたら、数多くある祝日の中でも
1873年に祝祭日を公布してからずっと変わらず続いている
数少ない固定日の祝日なんだそうです。

その為、国民に最も定着している固定日の祝日だということです♪

ところで。

ハワイも含めて、アメリカには感謝祭ってありますよねえ。

そう、Thanks Giving Day。七面鳥の日、と言ったほうがいいでしょうか(笑)

これもまた、毎年11月のちょうど今頃。

ワタクシ、てっきりThanks GivingDayって、アメリカ版「勤労感謝の日」だと
思ってました。

ところが。。。違うらしいんですね(汗)

ヘ(◎ ◎)ノ ナヌ!?

調べてみると、感謝祭(Thanks GivingDay)は毎年11月の第4木曜日に
収穫の感謝を祝うもの。

日本の勤労感謝の日は、戦前日本の「新嘗祭」という、収穫を祝う神事
が始まりで、敗戦により占領軍が国家神道と結びついた新嘗祭を
危険視した為、米国の Labor Day と Thanksgiving Day を併せた
Labor Thanksgiving Day という祝日を考案し、これを和訳したのが
「勤労感謝の日」となったんだそうです。

と、いういことで、勤労感謝の日と感謝祭がほぼ同時期にあるのは
完全なる偶然。。。なんだそうです。

ん~、勉強になりますね~。

MAHALO! ヽ(^-^))((^-^)ノ

終戦記念日

8月15日は終戦記念日でしたね。

テレビなどでこの日のニュースや放送をみるたびに、ほんの数十年前に

起こった悲しい出来事を思い出し、現代の我々の幸せを思います。

でも、この終戦記念日、世界の常識では9月2日だってご存知ですか!?

特にアメリカ、イギリスなどの元連合国側では、「終戦記念日」ではなく

「対日戦勝記念日」として「V-Jデー(Victory over Japan Day)」と呼ばれているんです。

ちょっと、というか、かなり違和感ありますよね。。

今でこそ、南国の楽園と呼ばれ、日本との交流も観光客数も膨大なハワイですが、

ほんの数十年前には真珠湾攻撃が行われ、当時の日系人やもちろん

ハワイ在住の日本人はとてもひどい仕打ちを受けたと聞いています。

太平洋戦争中の日系人たちは夜間は外出禁止、自動車運転禁止、
全ての農作物はアメリカ軍基地に収めることとされ、毎日監視されたそうです。

さらには、アメリカで生きたければ、アメリカ兵として戦地へ行き
日本兵と戦えとまで言われたそうです。。。

なんて悲しい時代があったのだろう、と嘆くと同時に、
今のハワイの平和さに感謝せずにはいられません。

ハワイ文化に携わる者として、過去の出来事を決して忘れることなく
明るく陽気で、平和なハワイアン商品を誇りをもって伝えていこう!
と気持ちを新たにした終戦記念日でした。

MAHALO! ヽ(^-^))((^-^)ノ